鳴海球場

鳴海球場建設

大正末からの野球熱の高まりにより名古屋にも東京の神宮球場、大阪の甲子園球場に並ぶ大球場建設の気運が高まる中、昭和2年10月、愛知電気鉄道(現 名古屋鉄道)が沿線開発として鳴海球場を建設した。収容人員は22,500人であり両翼は106mセンターは136mと広さで甲子園球場を凌駕するものであった。

最盛期の鳴海球場

開場により中等野球大会(現在の高校野球大会)の予選はすべて鳴海球場で行われるようになり中京商業が甲子園の全国大会で3年連続優勝の記録を立てて以来東海野球王国のメッカと呼ばれるようになった。
昭和6年にはルー・ゲーリック、昭和9年にはベーブ・ルースら全米選抜チームが来日しますます野球熱を高めることとなった。昭和12年収容力増のため内野両翼に3,000席ずつを拡充し、まさに黄金期を迎えていた。

写真:鳴海球場

プロ野球が初めて試合

昭和9年職業野球「巨人軍」が誕生、昭和11年名古屋にも「名古屋軍」と「金鯱軍」が誕生。
昭和11年2月9日 日本で初めて「巨人軍」と「金鯱軍」のプロ野球の試合が行われた。
第1試合巨人軍 3×10 金鯱軍
第2試合巨人軍 8×3金鯱軍
第3試合巨人軍 4×2金鯱軍

戦争時の鳴海球場

昭和16年太平洋戦争が始まり、中等野球大会の中止により閉鎖を余儀なくされ戦争が厳しくなったため昭和18年には政府の金属回収が強化されバックネットや鉄傘が軍に献納された。球場は高射砲陣地の弾薬置場となり、グランドには雑草が茂った。 戦後昭和21年からプロ野球が復活し、地元中日ドラゴンズのホームグランドとして使用されたが、米軍空軍が優先使用していたためスケジュールを立てるのに苦心したという。

変わりゆく鳴海球場

昭和23年名古屋市内に中日スタジアムができ、プロ野球はすべてその方に移ることとなり鳴海球場は高校野球の県予選を行う球場となった。
昭和26年スタンドを大改造し収容人員40,000人のプロ野球公式規格の球場としたが、中日スタジアムに繁栄を奪われ年々観客動員は減少していった。
昭和33年8月ついに球場廃止宣言、10月に閉鎖した。

自動車学校に生まれ変わる

昭和32年道路運送法が改正され、名鉄本社ではバス乗務員養成の教習施設及び自動車整備士の養成施設をつくる必要に迫られ、将来の市場性から昭和34年4月名鉄自動車学校に生まれ変わった。

記念ホームプレートを設置

鳴海球場誕生80年を迎え、教習コースの全面リニューアルを機に平成19年2月9日、当時のホームベース跡に記念ホームプレートを設置した。

写真:記念ホームプレート

  • Webからのお問い合わせ
  • 資料請求
  • 入校申込み

このページの先頭へ